カメラを使おう!

[目次|前回|次回|携帯Javaのページ|ローカルドキュメント]
Time-stamp: "2004/11/23 Tue 10:28 hig"

iアプリ

iアプリの場合, カメラの制御はDoJa2.0(504i)でオプションAPIとして 提供され, DoJa3.0(505i)で標準APIとなりました.

マイピクチャの画像を取り出して利用したり, アプリの中でカメラ撮影した画像をマイピクチャに保存したり, iアプリのスクリーンショットをマイピクチャに保存したりもできます. ただし, ADF設定で AccessUserInfo を yes としておく必要があります.

下のサンプルの場合, アプリを終了すると, 撮影した画像は捨てられます(マイピクチャに残らない). 画像を保存するには, スクラッチパッドに保存するか, com.nttdocomo.system.ImageStore.addEntry(MediaImage) でマイピクチャに保存するかするといいでしょう.

Vアプリ

P5(256Kアプリ)からカメラを制御できるようになりました. To be written.

EZアプリ

Phase3.0からカメラを制御できるようになりました. To be written.

サンプル

課題